外ヶ浜町地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

  1. 地域の作物作付の現状、地域が抱える課題

     当該地域は、全耕地面積に占める主食用米面積の割合が約30%で、転作作物に占めるそばの面積が多く、土地利用型作物の担い手への集積が進んでいる。
     しかしながら、主食用米の需要が減少する中で、他の作物の作付に転換を促進することで、水田面積の維持を図っていく必要がある。
     また、農家の高齢化が進んでおり、農家戸数の減少が見られるとともに、不作付地の拡大が進んでいる。こうした中、水稲作付面積の維持が課題となっている。
     そのほか、大豆については、排水不良、土壌酸度の不適正等により単収の低下を招いており、是正が必要になっている。

  2. 作物ごとの取組方針

     集落営農組織の機能強化や、担い手農業者の農地利用集積の強化による不作付水田を活用した大豆の作付や高収益作物の定着、新規需要米の作付拡大の推進を図る。
     蟹田地区においては、集落営農組織の法人化や大区画ほ場での効率的作業体系の構築により、新規需要米及び大豆の作付拡大や高収益作物の導入を目指す。
     平舘地区においては、担い手農業者への農地集積を図るとともに、集落営農の推進を図ることにより、大豆及び新規需要米の作付拡大を推進し、不作付水田の解消や耕作放棄地の発生防止に務める。

    • (1) 主食用米

       売れる米作りの徹底によって米の主産地としての地位を確保する。前年の需要動向や出荷業者の意向を勘案しつつ、米の生産を行う。また、中食・外食のニーズに対応した業務用米の生産と安定取引の推進を図る。

    • (2)非主食用米
      • ア 飼料用米

         主食用米の需要減が見込まれる中、飼料用米を転作作物の中心作物に位置づける。また、飼料用米の生産拡大にあたっては、全農スキームによる所得・経営の安定、国からの産地交付金を活用し生産コストの低下、多収性専用品種の導入推進を図り、5年後には、地域の水田面積の約1割での導入を目指す。

      • イ 備蓄米

         農業者の高齢化等、湿田が多い本町では、水田面積の維持が課題となっている中、備蓄米は需給調整作物として重要な位置づけであり、不作付地の防止にもつながることから、産地交付金を活用し備蓄米の作付を維持する。

    • (3)麦、大豆、飼料作物

       当町の大豆は、全農あおもりに販売を委託しており、豆腐、みそ、加工用として需要があることから、産地戦略枠を活用し、排水対策、土壌改良による単収向上を図り、5年後の大豆の作付面積を拡大する。

       

    • (4)そば、なたね

       当町にそばの加工団体があり、需要が見込まれることから、地域の担い手に対し、産地交付金を活用し、産地化を進める。

    • (5)野菜

       別紙に記載されている、ほうれん草、山ウド、イチゴ等を振興品目として、特に「にんにく」については、当町産は高品質であることから、消費拡大を目指し、町の観光施設での販売を検討する。
       また、産地交付金を活用し作付を奨励及び生産性向上のため排水対策を行う。

    • (6)不作付地の解消

      現行の不作付地(約64.3ha)について、今後5年間で約0.5割(3ha)を飼料用米の作付により解消を図る。

  3. 作物ごとの作付予定面積

    作物

    平成25年度の
    作付面積
    (ha)

    平成27年度の
    作付予定面積
    (ha)

    平成28年度の
    目標作付面積
    (ha)

    主食用米

    211.2

    119.4

    100.0

    飼料用米

    0

    190.6

    230.0

    米粉用米

    0

    0

    0

    WCS用稲

    0

    0

    0

    加工用米

    0

    0

    0

    備蓄米

    67.8

    26.0

    16.0

    0

    0

    0

    大豆

    10.7

    36.9

    55.0

    飼料作物

    48.3

    48.3

    50.0

    そば

    112.1

    86.7

    68.6

    なたね

    0

    0

    0

    その他地域振興作物

    5.9

    5.1

    6.1

     

    ・ニンニク
    ・野菜
    ・花き

    1.3
    4.4
    0.2

    1.1
    3.7
    0.3

    1.6
    4.2
    0.3

  4. 平成28年度に向けた取組及び目標

    取組
    番号

    対象作物

    取組

    分類

    指標

    平成25年度
    (現状値)

    平成27年度
    (予定)

    平成28年度
    (目標値)

    1

    にんにく

    地域振興作物生産拡大

    実施面積

    1.3ha

    1.1ha

    1.9ha

     

    2

     

     

    大豆

     

     

    土壌改良

     

     

     

    実施面積

    10.7ha

    36.9ha

    55.0ha

    単収

    120kg/10a

    120kg/10a

    120kg/10a

    ※平成27年度の(予定)欄の1.1haに一時的に減少する理由として、排水対策が十分でないため、飼料用米に作付変更。