ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:
ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 三厩中学校 > 学校要覧

学校要覧

外ヶ浜町立三厩中学校


〒030-1729 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩下平5-1

TEL.0174-37-2042/FAX.0174-37-2504/E-mail:minmaya-tyuugaku@sotogahama.ed.jp


校 訓

健康 自治 友愛

学校の概要

1 学区(三厩地区)の概要

 平成17年3月28日、三厩地区(旧三厩村)は蟹田・平舘と合併し外ヶ浜町となる。津軽半島の最北端に位置し,北は津軽海峡を隔てて北海道と相対している。西は半島の中央を縦走する津軽山地を挾んで北津軽郡中泊町と隣接し、南は今別町に接している。年々過疎化が進み、学区の人口は1,514人(令和3年4月末現在)となっている。

2 校章の由来

 源義経の伝説を秘める竜馬山義経寺の紋所の笹りんどうに,漁船のイメージを重ねて「中」の文字を図案化した。愛郷心と,義経のように自分の道を切り拓いていく闘魂を身に付けるようにという願いが込められている。旧三厩中学校創立10周年(昭和32年12月29日)を記念して作られたものを,統合した三厩中学校で受け継いだ。

3 生徒・保護者について

(1)生徒数

区分 1学年 2学年 3学年 合計
男子 3 2 1 6
女子

1

6 7 14
合計 4 8 8 20

 

 

 

 

 

 

 

4 学校の沿革

年度 概要
平成7

三厩村立三厩中学校と三厩村立宇鉄中学校が合併統合

初代校長:柳田靖行 氏 着任

 

三厩村立三厩中学校開校式(新校旗、校歌、校章制定)

在籍:1年28名、2年32名、3年46名、計106名

平成8 新校舎へ移転完了
  14 体育館竣工式
平成9 11 27 修祓式、竣工落成式典(体育館)
平成10 第二代校長 佐藤一東 氏 着任
平成12 第三代校長 蠣崎成徳 氏 着任
平成15 第四代校長 田村英二 氏 着任
平成16 10 10 統合10周年記念式典
平成17 28 町村合併により、外ヶ浜町立三厩中学校となる
平成18 第五代校長 久保田公浄 氏 着任
平成20 第六代校長 花田 裕 氏 着任
平成23 第七代校長 成田 徹 氏 着任
平成26 第八代校長 山谷 寿 氏 着任
平成27 10 17 統合20周年記念式典
平成28 第九代校長 三浦博英 氏 着任
平成31 第十代校長 横山公一 氏 着任

学校経営の方針

1 経営の基底  「教育は人づくり」

 教育は、知・徳・体の調和のとれた生徒を育成することが目的である。そして将来、社会の一員として社会を形成するための資質・能力を育てることが教育の役割である。ここで求められている資質・能力とは、教師が教えることによって身に付けさせるというよりは、子どもが自ら学ぶことによって身に付けていけるよう学校・家庭・地域が一体となってサポートしていくものである。生徒が自ら探し、考え、実践し、振り返り、よりよい方法を見出そうとする経験が多いほど価値ある資質・能力が身に付いていくものと考える。そのような「学ぶ場」がたくさん生み出され大切にされる学校を目指したい。

2 学校課題

(1)個が生かされる学習指導と個の伸長

 (学習の定着・向上に向けた授業改善と個別指導およびICTの有効活用)

(2)家庭と連携した生徒理解と連携場面の確保(双方向の情報提供と生徒理解の場面確保)

(3)生徒数減少に対応した教育のあり方(行事のあり方、部活動再編)

3 校訓

「健康」 「自治」 「友愛」

4 教育目標

心を耕し 自ら学び たくましく生きる

5 努力目標  目指す生徒像

心:互いに思いやり 自ら考え行動する生徒

学:目標をもち 主体的に学ぶ生徒

体:心身を鍛え 困難に立ち向かう生徒

6 目指す教師の姿

(1) 子どもが安心できる教師

(2) 子どもと対等に向き合える教師

(3) 自ら学び続ける教師

(4) 家庭・地域に信頼される教師

7 目指す学校の姿

(1) 生徒が楽しく生き生きと活動する学校

(2) 教職員が一丸となって取り組む学校

(3) 家庭・地域と連携し互いに協力する学校

8 経営の方針  生徒の「学ぶ場」がたくさんあり大切にされる学校づくり

(1)生徒が自らの考えで活動する学校

 生徒主役の活動を推進し、お互いが認め合うことで自己有用感が生み出される学校づくりに努める。

(2)豊かな人間関係がつくれる学校

 お互いの弱さを認め合い、お互いの強さで助け合うことで、自他の存在を尊重できる学校づくりに努める。

(3)家庭・地域と連携し人づくりに努める学校

 「すべては生徒のために」という思いを家庭・地域と共有し、協働体制で生徒の成長を支える学校づくりに努める。

9 指導の方針

(1)授業の充実

「主体的・対話的で深い学び」の実践をめざした生徒主体の授業の積み重ねを通して、生徒にとって「わかる授業」「魅力ある授業」を目指して取り組む。

  • 生徒の多様な発想につながる課題の工夫
  • 自他の考えを深化させる場を意図的な設定
  • どんなことが分かったのかを確認できる振り返りやまとめの工夫
  • 自己有用感がもてる授業の工夫

 

(2)基礎的・基本的事項の定着

授業を通して身に付けた事項の定着機会を設けることによって、基礎基本の内容確認や活用問題への意欲喚起につながる取組に努める。

  • 学習タイムの有効活用と休業前テスト・評価テスト等の実施
  • 単元テストの効果的な取組と結果を受けての事後指導の充実
  • 個に応じた課題(宿題)の与え方の工夫
  • 個別指導を通して自学自習ができる生徒の育成
  • 教科別面談による学びに向かう態度の育成 

 

(3)校内研修の充実

学校課題解決に向け共通理解を図り、校内研修を軸とした組織的、計画的、協働的な実践研究に努める。

  • 生徒の実態に対応させ、ねらいをはっきりさせた単元の指導計画の作成
  • 生徒の主体性を生かした授業への改善
  • ICTの有効活用に向けた校内研修
  • 校外研修への積極的参加

 

(4)道徳教育の充実

全教育活動を通して、意図的・計画的な道徳教育を推進し道徳性の育成に努める。

  • 自分の生き方について考えさせる授業、体験活動、講話等の実践
  • 思いやりの心を育む異年齢者との交流
  • 振り返りの場を大切にする教育活動

 

(5)特別活動の充実

生徒が自らの主体性を生かしながら身のまわりの課題を解決していく過程を通して、よりよい生活や人間関係を築いていくことができるよう、必要な資質・能力の育成に努める。

  • 話し合い活動を通した合意形成・意思決定の場の設定
  • 話し合い活動を通した自治活動の推進
  • 互いに認め合い、助け合う心を醸成する集団づくり
  • 相互関係基盤をを支えるルールやマナーの日常的な問い掛け

 

(6)特別支援教育の充実

配慮を要する生徒についての理解に努め、日常的な情報交換を通して、個人および所属集団の成長につながるよう適切な支援に努める。

  • 支援を要する生徒に関する配慮事項の共通理解
  • SC、SSWの計画的・有効的な活用

 

(7)生徒指導の充実

家庭・地域および小中の連携を図りながら、全教職員の共通理解のもと、心の結びつきを柱に自尊感情の涵養に努める。

  • 生徒指導の三機能を生かした教育活動
  • 基本的生活習慣の日常的振り返り
  • 自己有用感につながる活動推進
  • 自己指導能力の育成
  • いじめを認めない環境づくり

 

(8)体育・健康・安全教育の充実

生徒一人一人が、学校や家庭および地域社会、そして将来において健康で安心・安全な生活が送れるよう、家庭・地域と連携しながら、心と体の健やかな成長を育む教育の推進に努める。

  • 健康な生活習慣の確立
  • 健康相談活動の実施
  • 部活動再編と体力向上プログラム作成・実践
  • 各種たよりの発信を等しての情報共有
  • 各種教室(思春期・情報モラル・薬物乱用防止)の実施
  • 交通安全指導の実施と危険区域の情報共有
  • 「命を守る防災教育推進事業」委託を受けての安全教育の整備

 

(9)地域を中心に据えたキャリア教育の充実

生徒一人一人が、学ぶことと自己の将来とのつながりを見通しながら、社会的・職業的に自立する力を身に付けるために、必要な脂質・能力の育成に努める。

  • 体験事業・進路講話の活用・推進
  • 人権教育、金融・租税教育の実施
  • 地域行事への積極的参加
  • 9年間を見通した勤労観・職業観の育成
  • 自らキャリア形成に取り組むための情報提供

 

(10)家庭との連携強化

「すべては生徒のために」の共通理解のもと、積極的な情報共有を通して、協働体制で生徒の成長を支える環境を整える。

  • 各種行事の共同運営の推進
  • 休業日を利用した授業参観
  • 役員会兼保護者会での情報発信・共有
  • 全校三者面談の複数回実施

 

研究計画

1 研究主題

主体的に学ぶ生徒の育成 ~学びに向かう力の育成を通して~

2 研究目標

 主体的に学ぶ生徒を育成するために、生徒の学びに向かう力を身につけさせるための指導のあり方や評価の仕方を工夫する。

3 研究仮説

 生徒が適切な評価や教科面談等を通して、自分に必要な学びを知ることによって、これまで

以上に主体的に活動に取り組むことにつながるであろう。

4 研究内容

  1. 個に応じた課題づくりや課題解決に向けた支援の工夫
  2. 対話的に学ぶことを通した表現力の育成
  3. 主体的に学習に取り組む態度を育成するための評価の工夫
この記事への
お問い合わせ
外ヶ浜町役場 学務課
電話番号 0174-31-1235
教育・文化・スポーツ

外ヶ浜町役場 本庁

電話:0174-31-1111(代表)
〒030-1393
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字蟹田高銅屋44番地2

外ヶ浜町役場 平舘支所

電話:0174-25-2111
〒030-1492
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字平舘根岸湯の沢150番地

外ヶ浜町役場 三厩支所

電話:0174-37-2001
〒030-1798
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字三厩新町18番地1
開庁時間: 8時15分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日および12月29日から翌年1月3日までは除く)
上部へ トップへ