ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:
ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 蟹田小学校 > 学校要覧

学校要覧

外ヶ浜町立蟹田小学校


〒030-1303 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田鰐ヶ淵24-2

TEL.0174-22-2037/FAX.0174-22-2507/E-mail:Kanita-syougaku@town.sotogahama.lg.jp


学校経営方針

学校経営方針の基本的な考え方

 変化の激しい社会の中で、将来に夢や希望を抱き、心豊かにたくましく生きる児童(かしこく・にっこり・たくましく)を育てるために、どの子にも「居場所」と「役割」があるよう人間尊重の精神を基とし、家庭・地域・中学校・こども園・学童教室および関係機関との一層の連携と信頼関係を深めながら、日々の教育実践に取り組み、「地域に根ざした学校」づくりを目指す。

 

「恵まれた教育環境(自然・施設・人材)の積極的な活用」

 教育目標

かしこく にっこり たくましく

努力目標

  • 自分の考えをもち、学び合う子
  • 相手を思いやり、力を合わせる子
  • めあてをもち、心と体をきたえる子

目指す子ども像

(1)学習の約束が身に付いた子(学習規律)

(2)集団の約束が身に付いた子(集団規律)

(3)生活の約束が身に付いた子(生活規律)

目指す学校像

(1)明るく気持ちのよい挨拶や会話が響き合う学校

(2)子どもや教職員が安心して安全に生活ができる学校

(3)家庭や地域から信頼される学校

 

 目指す教師像

○教育公務員としての自覚と情熱をもち、指導力と経営参画意識を高める教師

(1)組織人としての自覚をもち、責任感と協調性を兼ね備えた教師

(2)自己研鑽に努め、「わかる授業・できる授業」を創造できる教師

(3)心身ともに健康で、温かさと厳しさを併せもち、毅然とした姿勢で指導できる教師

(4)心のふれ合いを大切にし、子ども・保護者・地域から信頼される教師

指導の重点と方策

(1)基礎基本の定着と確かな学力の育成
  1. 校内研修の充実(主体的・対話的で深い学びの推進)
  2. 知識および技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成(一斉テスト、言語活動等)
  3. 一人一人の能力・適性に応じた指導の工夫(実態の把握、個別指導、TT、AIドリルの活用等)
  4. 学習習慣の確立(家庭学習の手引き等)
  5. 体験活動や問題解決的な学習を重視した指導の工夫
  6. 学校図書館やICTを活用した学習の推進
(2)豊かな心と健康な体の育成
  1. 全教育活動との関連を図った道徳教育・特別活動の充実
  2. 異学年交流・縦割り班活動の充実(清掃活動、全校遠足、小中合同奉仕活動等)
  3. 体験活動の重視(農業体験、町内施設の見学・活用等)
  4. 健康教育の推進(肥満防止の啓発、食育指導・歯科講話等)
  5. 業間活動の工夫改善(校内マラソン記録会・大会、なわとび大会)
(3)安心・安全な学校づくり
  1. 災害時等における全教職員の協力体制の確立(大津波を想定した避難、保護者への児童引き渡し訓練、放送機が使えない場合の避難等)
  2. 交通安全指導の徹底
  3. 教育環境の整備
  4. いじめ防止・不登校等に対する組織的な対応(教育相談、子供を語る会、アンケート等)
  5. 特別支援教育の充実(SC・SSW等との連携)
(4)小・中および地域連携の推進

1.小・中連携の推進

  • 児童生徒の学習状況や生徒指導上の課題等に関する積極的な情報交換

 (小中連携推進会議、相互授業参観等)

  • 小中連携による学校行事への取り組み

 (合同運動会の実施、合同地区奉仕活動等)

  • 9年間を見通したキャリア教育への取り組み

2.こども園、学童教室との連携(情報交換、交流会の実施)

3.家庭・地域との連携強化(学校行事への協力依頼、積極的な情報発信等)

校内研究

1 研究主題

「自己を見つめ、考えを深め合う児童の育成を目指して」

~主体的・対話的で深い学びを視点とした道徳科の授業を通して~

2 研究目標

 道徳科において自己を見つめ、自己の生き方についての考えを深める児童を育成するためには、評価の方法を工夫することや、物事を多面的・多角的に考えさせる方法を工夫することが有効であることを、実践を通して明らかにする。

3 研究仮説

(1)評価の方法を工夫することで、道徳的価値の自覚を深め、児童自らが学習や生活を振り返って成長を実感したり、これからの課題や目標を見付けたりできるのではないか。

(2)物事を多面的・多角的に考えさせる方法を工夫することにより、自己の生き方についての考えを深めることができるのではないか。

4 研究内容

(1)評価方法の工夫

 ・道徳ノートやワークシートの書かせ方の工夫  ・振り返りの書かせ方の工夫

 ・自己評価や相互評価の工夫  ・学習状況や成長を看取る工夫

 ・年間を通した評価の工夫

(2)多面的・多角的に考えさせる方法の工夫

    ・発問の工夫(中心発問、補助発問、ゆさぶり、問い返しなど)

    ・活動の工夫(役割演技、動作化、ペープサートなど) 

    ・学習形態の工夫(ペア、グループなど)  ・思考ツールの工夫

    ・自分の考えをもたせる工夫  ・自分の考えを伝えさせる工夫    

 

この記事への
お問い合わせ
外ヶ浜町役場 学務課
電話番号 0174-31-1235
教育・文化・スポーツ

外ヶ浜町役場 本庁

電話:0174-31-1111(代表)
〒030-1393
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字蟹田高銅屋44番地2

外ヶ浜町役場 平舘支所

電話:0174-25-2111
〒030-1492
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字平舘根岸湯の沢150番地

外ヶ浜町役場 三厩支所

電話:0174-37-2001
〒030-1798
青森県東津軽郡 外ヶ浜町字三厩新町18番地1
開庁時間: 8時15分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日および12月29日から翌年1月3日までは除く)
上部へ トップへ