環境を保全・再生する公共工事が完成しました。

 近年、地球温暖化、生物多様性の損失などの環境問題に対する住民意識がますます高まってきています。
 このような中、町内では、平成20年度から県が実施する農林水産関係の公共事業6地区で「環境公共」に取り組んでいます。

 県では“農林水産業を支えることは地域の環境を守ることにつながる”との観点から、農林水産業の生産基盤や農山漁村の生活環境などの整備を行う公共事業を「環境公共」と位置付け、「地域力の再生」「農・林・水の連携」「環境の保全・再生」といった3つの方向性に沿った取組を行っているところです。
 その中から今年度で事業が完了する南沢地区魚道整備事業について紹介します。

 蟹田南沢を流れる南股沢川には、約40haの水田に水を引くための南沢頭首工があります。この頭首工には、以前、魚が川を自由に移動するための道(魚道)が設置されていましたが、洪水等で川底が掘れて段差が付き、イワナやヤマメ、アユなどが移動できなくなりました。
 このため、平成21年度から県営の魚道整備事業で新たに魚道を整備し、今年度完成しました。

 この地域では、これまでも蟹田川漁業協同組合が蟹田川への稚魚を放流してきましたが、今年は新たに南股沢川にも放流し、町を流れるすべての川で多くの魚が生息する自然環境を目指しています。
 また、農家や町内会等で構成する南沢地区環境公共推進協議会(会長 泉清衛さん)で魚の遡上調査をするなど、地域一体となって工事を進めてきました。

 今後も継続した取組を行う予定となっていますので、お近くの方は一緒に活動してみてはいかがでしょうか。

 ◆お問い合わせ先
    南沢地区環境公共推進協議会(事務局:役場産業観光課 31-1228)

           環境公共
南沢魚道
 ▲南沢頭首工に新たに完成した魚道

稚魚放流
 ▲稚魚の放流(南股沢川)
その他 | - | -
Calendar
<< 如月 2012 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   
categories
archives
selected entries
recent comments
profile
others