年末年始の閉庁のお知らせ

本年も、町公式ブログをご愛読いただき、ありがとうございました!
このブログも、1日あたり約100名の方においでいただきました。

年末年始、健康に気をつけてお過ごしくださいませ。
新年も、どうぞよろしくお願いいたいます。

●年末年始の閉庁のお知らせ●
12月29日(木)から1月3日(火)までは、年末年始の閉庁になります。

●仕事はじめ●
新年は、1月4日(水)午前8:15から通常どおり業務開始いたします。
お知らせ | - | -

県内初!三菱MINICABの電気自動車を購入しました。

 三菱MINICABの電気自動車が、12月26日(月)に外ヶ浜町役場に納品されました。この車種による電気自動車の導入は、なんと外ヶ浜町役場が青森県内第1号なんです。
 本ブログで、環境対策の取り組みとして、プラグインハイブリット車の情報をご紹介しましたが、今回は、完全に電気だけで走る車両です。
 町の公用車ですので、さまざまな機会にお目見えすることになると思います。電気自動車、どうぞよろしくお願いいたします。

▼県内初!三菱MINICABの電気自動車
電気自動車前景

▼充電中!
充電中!

 12月26日(月)、青森三菱自動車の会社にて、記念セレモニーが行われ、町長と町議会議長が出席。テレビのニュースでも、セレモニーの様子が放映されていました。
 只今の外ヶ浜町、連日大雪続きですが、安全運転で出発進行!!!!
お知らせ | - | -

世代間交流「しめ縄づくり講習会」開催されました。

 そろそろお正月準備はじめてますか?
 「しめ縄」は、買ってますか?

 12月25日(日)に、蟹田公民館にて、蟹田地区コミュニティ協議会主催「しめ縄づくり講習会」が開かれ、町民約50人が参加しました。
 しめ縄の「ワラ」は、蟹田南沢地区で農業を営む方から無償で提供をうけて、毎年行われています。今や農業にも大型機械が導入され、ある程度の長さのある「ワラ」は、なかなか入手できないのです。農家の皆さんありがとうございます。
 このしめ縄づくり講習会は、冬休みに開かれることもあって、しめ縄をつくれるご高齢者が、しめ縄をつくったことのない子供へ手取り足取り教えながら、世代間交流を行うもので、ほぼ住民主体で行われています。

しめ縄づくり光景
▲皆さん、思い思い、つくっています。

 このしめ縄づくり講習会は、参加者の自宅に飾るしめ縄をつくりますが、もう一つのメインイベントがあります。
 それは、蟹田小学校近くにある、幹回り約5メートルほどの【一本松】に、飾る大しめ縄づくりです。一本松は、蟹田地区のシンボル的な木で、蟹田地区の町民なら知らない人がいないぐらい有名な木なんですよ。

9メートルの大しめ縄つくる
▲男4人がかりでつくり、できたしめ縄のはみ出たワラを、ハサミできれいにしています。(笑い話ですが、みんなで意気込んでつくったため、製作途中の長さを測り忘れて、結果的に9メートルも作ってしまいました。)

一本松
▲こんな感じで、飾りつけました。(パワースポットです。設置した方、みんなで、今年の幸せへの感謝と、来年のさらなる幸せを願っていました。)

一本松2
▲遠くから見ると、こんな感じで飾られています。(一本松は、国道280号バイパスの蟹田側の終点から、町役場にくる途中にあります。見かけたら、パワーもらってください。

◆予告◆
この講習会で作ったしめ縄は、新年1月15日(日)13:00〜、蟹田地区にある観瀾山公園海水浴場で行われる「どんど焼き」で燃やします。
 講習会に参加した人も、参加しなかった人も自宅にある正月飾り持ち寄って幸せ祈りませんか?

◎お問合せ
蟹田地区コミュニティ協議会
(事務局:町役場政策推進課 電話 0174-31-1214)

■最後に、お礼を、もう一つ。■
 しめ縄づくり講習会では、地域のお母さんによる無料の豚汁サービスと、子ども会による「お茶」のサービスがありました。毎年恒例とは言いながらも、参加者の皆さん、いつも大変喜んでいます。本当にありがとうございました。
お知らせ | - | -

ペレットストーブで、暖まる。

環境対策の取り組みです。
12/21夜、おぐにふるさと体験館で会議がありました。冬の会議のひと仕事として、「まず会議をはじめる前に、ストーブをつけ、お客様を暖かい部屋に入れること!」
 そして会場に行ったら、こんなストーブがありました。
ペレットストーブ
▲ペレットストーブは、木質ペレットを燃料とするストーブです。間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるストーブです。実は、このストーブは、町内のいくつかの公共施設に導入されています。

▼木質ペレットはこんな感じです。
木質ペレット
このペレットがストーブの燃料になるんです。この粒状のものを、ストーブに入れておきます。

 会議の出席者からは、「ストーブの窓から、燃えている赤い火が見えるから、さらに、ぬぐだまる(←津軽弁です。【訳;暖まる】)ね。」と。
 今や、エアコンやファンヒーターなどの時代。「火」がみえるストーブは、なかなかお目見えできませんよね。

環境にやさしい町の取組みの紹介でした。
お知らせ | - | -

外ヶ浜産米を使ったお弁当

北へ一直線 まっしぐら弁当

地元産の食材のお弁当を食べてみませんか。
外ヶ浜産米「まっしぐら」を使ったお弁当です。
今日は、予約して食べてみました。

▼お値段500円!お手頃。ボリュームもお手頃です。
まっしぐら弁当
▲弁当のうしろのパッケージのかわいいお米のイラストは、
絵手紙を中心に「人間の優しさ」をテーマにしたほのぼのと
した画風に人気が高い作家「池田海」さんが制作してくれました。

▼おかずも地元の野菜やお肉を使ってます。
(今日は、酢豚でした!旨そう)
今日は、「酢豚」

 お弁当をつくっているのは、「外ヶ浜町農業・農村活性化協議会」といって、町内各地の営農組合などで構成される団体です。
 さすが、農業関係者で構成されている団体とあって、このお値段で、地元食材だけのお弁当ができるんですね。
 お弁当は、前日までにお電話いただければ、予約受付けしてくれるみたいですので、下記までお問い合わせしてみてください。(営業日:要確認です)
「外ヶ浜の食材」ぜひ、どうぞ!

●お問合せ
 外ヶ浜町農業・農村活性化協議会
 住所 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田小国岩井338
 電話 0174-22-3343
お知らせ | - | -

本当に根雪になりました。

今日の朝の雪かき大変でしたね!
↓↓先週水曜日のブログで、本格的な雪の兆しをご紹介しました。
2011.12.14 水曜日「いよいよ根雪かな?」
http://www.town.sotogahama.lg.jp/blog/log/eid573.html

そこで・・・・。今日の「外ヶ浜町」の状況です。
蟹田漁港も一面 雪!
▲蟹田漁港も一面 雪!

町のどこでも、一面、雪になってしまいました。
写真は、蟹田漁港の灯台と、冬季運休中の「むつ湾フェリーかもしか」が
たたずんでいるようすです。雪が突然やんだら、一面キラキラしていたので、写真をとってみました。(写真で、伝わるかな?)

※参考までにお知らせします。
蠅爐掴僖侫Д蝓爾蓮津軽半島と下北半島を結び、夏場の青森県の観光ルートの重要な航路です。フェリーのホームページをみたら、【船員募集】の告知がありましたので、参考までにご紹介させていただきます。

▼蠅爐掴僖侫Д蝓爾裡硲
http://www.mutsuwan-ferry.jp/index.html
蠅爐掴僖侫Д蝓次‥渡叩0174-22-3020
お知らせ | - | -

利用しませんか!「蟹田商店街の共同配達サービス」

今日の外ヶ浜も、雪がしんしんと降っています。
先日の新聞の折込みに、興味深いチラシが入ってきました。

●町を元気に!情報とっておき kanita元気応援隊●
―商店街地域連携創出事業「蟹田商店会共同チラシ」―
蟹田商店会共同チラシ

このチラシの中に、「蟹田商店街の商品を配達します!」と記事があり、配達を取りまとめている「蟹田駅前市場ウェル蟹」の配達担当者から情報収集してきました。
共同配達ちらし

Q:共同配達のエリアは?
 A:基本的には、蟹田地区としていますが、隣村の方が大きい商品を買い物
   したので、配達したこともあります。蟹田商店街には、町外の方も来て
   いるんですよ。
Q:配達システムの内容は?
 A:現在は、共同での配達の試みであるので、無料で配達しています。
   月〜金曜日(土日祝は除く)で、午前・午後1回ずつ配達しています。
   商品をお届けにあがると、皆さん喜んで感謝してくれて、励みになって
   ます。

■重い荷物の配達にはご利用できますね■
買い物は、自分で店に行って、商品を選びたいものです。でも、買い物した重いものを、持って帰るのは大変ですよね。そんな時、この共同配達システムをご利用すると便利ですね。

■各店の商品情報をお取り寄せできます■
ご希望者に、お買い得チラシを配布しています。共同配達システム参加店のホットな情報をお届けしてます。

■お問い合わせ■
蟹田駅前市場 ウェル蟹 配達受付電話 090-7325-2974
(多くの皆様のご利用をお待ちしております。)
お知らせ | - | -

プラグインハイブリット車、走ってます。

外ヶ浜町の地球温暖化対策にむけた取組みをご紹介。
外ヶ浜町と言えば、皆さんご存知の方もあるかと思いますが、龍飛崎で、龍飛の風を活かした「風力発電」や、青函トンネル内湧水の地上排水を活かした「小水力発電」など、クリーンエネルギーの導入が進んでいます。

▼あと、もう一つ、「プラグインハイブリット車」の試験走行もしています。
これは、青森県よりPHV(プラグハイブリット)を1台、平成23年度の1年間だけ借りて、公用車として活用し、さまざまなデータをとっています。これも、低炭素社会に向けた取り組みです。

プリウス
↑プリウスのプラグインハイブリット車

充電中!
↑役場車庫にて充電中!「青森発!次世代カーライフ」

この車は、主に龍飛崎の風力・小水力発電施設の巡回点検や観光ルート調査などの時に走っています。充電がある時は電気で走り、充電がなくなるとガソリンで走りながら充電。環境にやさしい走行をしています。(エンジンスタートのときは、充電だけエンジンが動くので、かなり静かなんです。エンジンが、かかっているかどうか、わからないぐらい静かです!)
続きを読む>>
お知らせ | - | -

いよいよ根雪かな?

外ヶ浜にも本格的な冬、到来。
一本松
▲12/13撮影 蟹田地区の名所「一本松」とあたり一面

雪の降りはじめの頃、11月中旬から12月上旬は、
「この雪はどうせすぐ消えるから、家の玄関の雪かきしなくてもいいや。」
と思って過ごしてきた毎日。

 しかし、この頃、TVの週間天気予報などで「雪マーク」が連続してみたり、予想最低気温が、「マイナス」なんて出ると、やはり、肌身に寒さがつきささるようになってきました。
 朝、ちょっと早起きして「雪かきしなきゃ!」と思いながら、目覚めるようになってきました。

 このブログを、県外にいる町出身の方が、結構ご覧になっているというお話をお聞きしています。そこで、今の町の雪の状況です。
「津軽の雪も、いよいよ根雪になりそうですよ!」

●根雪●(「yahoo!百科事典」より引用)
雪が春先まで消えずに地面を覆っている状態。冬の初めに降る雪は積もっても消えてしまうことが多いが、冬が進むにつれて、降った雪が消えないうちに次の降雪があり、継続して雪が地面を覆うようになる。
お知らせ | - | -

12/17開催 東北日本の旧石器文化を語る会

「第25回東北日本の旧石器文化を語る会」を開催します
(後援:外ヶ浜町教育委員会)

▼日時:12月17日土曜日午後1時から5時まで
▼場所:外ヶ浜町役場3階大会議室において
▼内容
・講演13:20〜14:20
「土器出現期の較正年代研究の現状と展望−大平山元軌篝廚鮹羶瓦法檗
  国立歴史民俗博物館工藤雄一郎氏
・報告14:30〜15:30
「大平山元遺跡群の発掘調査」外ヶ浜町教育委員会 駒田透 氏
「五川目(6)遺跡の細石刃石器群」青森県埋蔵文化財調査センター 最上法聖 氏
「青森県における土器出現前後の様相」青森県埋蔵文化財調査センター 川口潤 氏
・討論15:30〜16:10
 工藤氏・駒田・最上氏・川口氏及び会場参加者で実施

▼その他
この会は、発掘調査が実施された北海道・東北の旧石器時代の遺跡の発表や研究報告を行う会です。毎年、北海道・東北の道県の持ち回りで開催しています。今年は当町外ヶ浜町の開催です。
詳しい内容は添付のPDFファイルのとおりです。
⇒こちらをクリック⇒ちらし

字蟹田大平に所在します著名な「大平山元遺跡」の発表を、当町役場学芸員が行います。
※年の瀬のお忙しい中とは存じますが、お時間のある方は、ぜひいらっしゃってください。事前の申し込みは不要ですし、参加料はかかりませんのでお気軽にどうぞ。お待ちしております。

お問い合わせ:外ヶ浜町教育委員会社会教育課
       電話 0174-31-1233
お知らせ | - | -
Calendar
<< 師走 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
categories
archives
selected entries
recent comments
profile
others