北海道新幹線工事レポート

8月25日、北海道新幹線の工事事故防止安全協議会のパトロールがありました。久々のレポートになります。
 作業は、館沢トンネルの全長590mのうち515m掘り進み、とうとう500mの大台まできました。(ちなみに5月22日のパトロール時は、431m掘り進んでいました。)

8/25館沢トンネル

鉄筋の様子

 今日のパトロールで、驚いたのは「銀色のシート」。工事は、地面を掘って壁面にコンクリートを吹き付けて終了かと思っていたら、さらに「銀色のシート」で覆い、その上に太い鉄筋を組んで、そしてコンクリートを吹き付ける。トンネルの安全性の確保には、素人ではわかりきれないほど、万全の策を講じていることがよくわかります。
 それにしても、今回のパトロールで感じたことは、トンネル内で輝く銀色のシート、丁寧に組まれた鉄筋でできた細やかな無数の四角形を見ていると、
「トンネル工事は、『トンネル』という芸術作品を製作している。」
そんな錯覚さえ覚えるのでした。工事が安全に進みますように。
新幹線 | comments (0) | -

comments

add comment


Calendar
categories
archives
selected entries
recent comments
profile
others